luvyduvyの日記

嬉々として散々な日々を。

なにもしないをしよう

Christopher Robin

 

もうね、たまりません。たまりませんでしたよ。

 

もふもふがかわいくてそれだけで癒し効果があるのに、名言の数々に涙腺が崩壊しっぱなしというか。

すさんだ心を洗い流してくれる純粋な言葉に、凝り固まった当たり前ってなんだろう、と考えさせられて、加えて祝日に仕事してるのなんでだろう?ってな気持ちでいっぱいの敬老の日です。

 

プーは、little brainでもbig heartだけど、うちのガビはlittle brainかつnarrow-mindedですよ。

なでてって甘えるくせに急に「チガーウ!!!」とパンチしたりさ。。

 

 

GABI the CAT

骨折、無事に完治しました。麻痺も残らず!

夫の誕生日当日に骨折したので、リクエストの麻婆豆腐がほっともっと弁当になったのも今じゃいい思い出です。

 

骨折した日から、先生のオッケーが出るまでに2.5ヶ月かかりましたが、つらい手術も孤独な入院生活も不便なエリザベスも、我慢してがんばってくれました。

しばらく続いていた通院も次回は2ヶ月後です。わーい!

 

ガビは精神的肉体的にがんばってくれましたが、こちらは経済的にがんばりましたよ。

手術と入院だけで30万円かかり、その後の通院でも・・・。

トータル金額のことはあまり考えないようにしていますが、時期がボーナス支給とかぶっていたので助かりました。

台湾旅行がなくなったのは残念でしたが。

 

一連の出来事を経て、ガビと私たちの距離は縮まりました。

なでることはおろか、近づくことすら許されなかったのが、おなか・手足・しっぽ以外ならたいてい、なでまわしても大丈夫になりましたし、ヒーリング効果のある、あの「ごろごろ」も聴かせてくれるようになりました。

なでていい場所はいまだに限定的で、わざわざ移動して「ここでなでて」と言ってくるわがままぶりですが。

 

退院後なくなっていた「おはよう」「おかえり」も復活して、さいきんはそれ以外にも、なでてほしいときや遊んでほしいときにもおしゃべりするようになってきました。

 

しかし、反省すべき点がふたつ。

 

①追い回すべからず

骨折して怯え痛がっているガビを無理やりつかまえようとしてしまいました。

私たちが追いかけるからガビは走ったり登ったりを全速力でするしかなく、たぶんというかぜったいにそのせいでひどい骨折になりました。

 

②ペット保険

まだ1歳のガビは健康体そのもので、病気の心配をするのはもう少し歳を重ねてからでいいと思っていました(骨折なんて考えもしていなかった)。

自宅には骨折するほどの高い場所はなく、ベランダに出す予定もなかったので、「落ちる」可能性は完全に除外していました。

しかし、「はさむ」「ぶつける」は盲点だったか。。

いまだになんで骨折したかわからないし・・・

 

もしまた同じようなことがあれば、落ち着いて&落ち着かせてキャリーへ入れようと思います。

いまはさわれるので、なでる延長で押し込めたらいいですな。

 

保険はもう入ったので経済的な打撃は解消されるでしょう。

 というか、もう2度と勘弁でーす!!!

 

f:id:luvyduvy:20180912211729j:image

ぐーたらな朝の挨拶をするガビ

 

f:id:luvyduvy:20180912211905j:image

とらえられて爪切りシャンプータオルを施されるガビ

 

f:id:luvyduvy:20180912212008j:image

遊ぶガビ

 

f:id:luvyduvy:20180912212042j:image

自作テントをにおうガビ

 

f:id:luvyduvy:20180912212113j:image

おぼこいガビ

WIND RIVER

予告を観て内容よりもまっさきに「ホーク・アイとワンダじゃーん!」と思っていたので、軽い気持ちで観に行ったんだけど、そういうことじゃなかったな・・・。

今年いちばん落ち込む作品だった。

 

物語は、ジェレミー・レナーが少女の遺体を発見したところから始まる。

そして、その事件のために派遣された新米FBI捜査官のエリザベス・オルセン

 

厳しい寒さの中で操作は難航するかと思いきや、ジェレミー・レナーが優秀でストーリー展開自体はスムーズ。

それでよいのだと思う。

観客をハラハラさせたり、大ドンデン返しが必要なエンターテインメント性の高い作品ではなく、問題提起と周知が核だろうから。

 

カナダでは、過去30年ほどで数千人の先住民女性が行方不明になっているという事実。

この時代にとても信じられないことだけど。

そのあたりのことがベースとなっている内容なので、落ち込んだわけですが。

 

いちばん観ていてつらかったのがレイプシーン。

演技とわかっていたもやっぱり観ていられないな、ああいうのは。

 

あとは、TWD初期メンバーであるところのシェーンが出ていたのに今回も報われなくて気の毒だった。

ぜったいいいひとなのに!

夜の浜辺でひとり

すきなんです、ホン・サンス

2010年ころに知って、新宿シネマカリテへ行ったのが最初だったような。

 

突然のズーム、長回しクラシック音楽、酒盛り…

いつもいつとテンポのいい会話と静かな情景の緩急が心地よい。

 

2017年公開ですが、キム・ミニ主演は2回目?

不倫関係とかそういうことは知りたくなかったけど、とてもいい俳優だと思う。

 

しかし、ホン・サンスエリック・ロメールリチャード・リンクレイター(というかミッドナイトシリーズ)作品を観ると、言葉っておもしろくて興味深いものだとしみじみ感じる。

 

私ももっと会話をぽんぽん楽しめるようになりたいけど、さいきんはひたすらガビに一方的に話しかける日々。

コクソン

町山さんいわく、「國村隼が裸で走り回る」映画。

 

冒頭にルカによる福音が引用されるので、宗教なベースだと分かっていたつもりだった。

つもりだったのに、主人公がぽんこつ過ぎたり要所要所で笑わせてくれるから若干コメディを観てる気分になってしまい、終盤にかけて「はっ!そうだった!」とシフトチェンジしようとしたが間に合わず。

 

あとから解説を読むと、ふむふむ。

引用のことも思い出して、あああ!ってな具合だったので集中力が途切れていた私が悪いです。

観たまんまのミスリードを繰り返していると映画の本質がみえてこないので、解説読んだほうがいいですね。

 

しかしね、こういう映画がヒットするっていうのは、韓国の映画界が成熟している証拠だよなあ、と思ったりします。

ガビの骨折日記(14)

夏休みの初日、2週間ぶりに病院へ。

 

骨はかなり良好!

麻痺も治ってる!

毎日元気すぎる姿をみてるので、分かってはいたけど先生にお墨付きをもらって安心できた。

 

f:id:luvyduvy:20180816144226j:image

 

そろそろいいよね?

ってことで遊びを再開しました。

 

f:id:luvyduvy:20180817162651j:image
f:id:luvyduvy:20180817162658j:image

f:id:luvyduvy:20180817163014j:image

f:id:luvyduvy:20180817163039j:image

 

 

それから

月初で忙しくてもお決まりの定時退社で映画館へ。

いつもは夫といっしょに行くんだけど、どうしても忙しいと。

なのでひさしぶりにひとり!

 

このかんじがなつかしかった〜

結婚する前は遠距離だったから、仕事おわりはぜんぶじぶんだけの時間だったんだなあ。

 

でもふたりの時間のほうが楽しい。

夫である前に友達なのでつい職場のイケメンの話とかしそうになるくらい。。

 

きのうは映画終わりに迎えに来てもらったのでるんるんでした。

 

さて。ホン・サンス

キム・ミニとの関係云々はさておき、漂う空気が好きなんだよ。

飲み屋での会話とかヒロインの表情とか、あれだけこだわっていたことも、ふとした瞬間に糸が切れたように消えてなくなる感覚や夢から覚めた人間の力ない笑いとか。

相変わらずのズームも心地よかった。

 

ここから何作か続けて公開されるみたいなので楽しみ。

さ、帰ってDVD観よかしら。

 

f:id:luvyduvy:20180803122000j:image